記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンSMシングルS4】デデピカ構築改 in SM(最高2059/最終1887)

 S4お疲れ様でした。デデンネとピカチュウが入ったパーティ使ってます,kumaと申します。S2から型を変えつつ同じ並びを使って2100を目指してましたが,結局達成することはできませんでした。それでも並び自体はデデピカの結論構築と言えるレベルだと自負していますので,ぜひ見ていただければと思います。

パーティ紹介
702 (1)
デデンネ(ドブのすがた)@イアのみ
おだやか、ほおぶくろ
実数値:172-×-77-101-130-124
努力値:H236 D252 S20
技:どくどく みがわり リサイクル パラボラチャージ

今期はオボンのみをイアのみに変更してみました。回復量で言えば総HPの5/6,実数値にして143にもなります。オボンと比べて使いにくさはありますが,みがわりを駆使してHP管理を行えばそれほどクセは感じませんでした。それよりも大幅な耐久の向上により以前よりも多くのポケモンを相手にできるようになりました。例えば身代わり連打の回数が増えたことにより不利対面でも予め毒が入っていれば身代わり連打で嵌めることができたり,オボンでは受けきれない攻撃も受けることができるという点です。S3のいかりのまえばをパラボラチャージ(でんき,威力65,与ダメの半分回復)に変えたのは,前歯では相手をまず倒せないのと特殊アタッカーのギルガルドに対しても出していけるようにしたかったからです。ゴーストZ及びシャドボ2発は乱数43%ほどですが,パラボラチャージによりシャドボなら乱数のところを確定3発にすることができるなど,HP管理にも役立ってくれます。対して弱いところはやはり火力がなく前歯に比べて遂行速度が遅くなったりレヒレ+地面のサイクルに何もできなかったりするのでそこは他で対策しておく必要があります。しかし命中率100%。これがすばらしい。

あとレボルトのヘドウェで自らドブに沈んでいくことが若干多くなったような気も

025.png
ピカチュウ@しんかのきせき
しんちょう、ひらいしん
実数値:142-75-60-×-112-111
努力値: H252 D252 S4
技:どくどく まもる ねがいごと はたきおとす

真の相棒枠。終盤までS3と同じめざ炎1ウェポンの輝石型を使ってましたが,役割対象のロトム系統やジバコイル入りサイクルに出すならチョッキをはがせるはたきおとすの方が良いかなと思いこちらに変えました。それとS4から解禁されたメガライボルト軸のパーティもちょこちょこ見たのでその対策にもなってくれました。放射は3発は受かるのでねがいごとで余裕です。実際ライボ軸の勝率は9割ほどあったはずです。ピカチュウがアタッカーだと考えればこのパーティはライボ重すぎ構築なのでいい感じに誘っているのも良かったです。サイクルはとにかくHP管理を優先で,ピカチュウの苦手なやつはヤドランなどで受け,電気タイプには受け出し際にヤドランの攻撃を当てるくらいの方が良いと思います。最悪腐ってもそこそこの耐久があるのでどくどく入れたりねがいごとを打って裏に交換して回復という芸当も可能です。

373.png
ボーマンダ@メガ石
むじゃき、いかく→スカイスキン
実数値(メガ前):171-171-101-152-90-160
    (メガ後):171-181-151-162-99-182
努力値:H4 A124 B4 C172 S204
技:すてみタックル だいもんじ ハイパーボイス りゅうせいぐん

S3と全く同じです。サイクルを回しつつ高いSと広範囲の技で圧力をかける枠です。じしんと違ってハイパーボイスはとりあえず打っとく感覚で打てる上にランドロスとかの威嚇持ちにも迷わず打てるのが使いやすかったです。あとはのろいミミッキュのみがわり際に交換してハイパーボイスということも。ある程度相手のポケモンを削ればこいつを通して勝ちということが多いので,裏のポケモンが役割対象を倒しきれなかった場合に頼りになります。

485.png
ヒードラン@ホノオZ
ひかえめ、もらいび
実数値:169-×-127-200-128-125
努力値:H20 B4 C252 D12 S220
技:かえんほうしゃ どくどく だいちのちから めざめるパワー氷

S3ではHCベースで使ってましたが今回は最速カグヤ抜きまでSを振ってみました。カグヤに安定するのはもちろん,遅いランドロスが多かったり耐久振りのグライオンがときどきいたりするので,サイクルを回しながらそれに気づいたらめざ氷で落とすということもできるので使いやすかったです。ただし耐久が低いのでコケコのデンキZくらいで落ちるため注意です。途中までオバヒを使ってましたが,トレースでもらいびになるポリ2などが面倒だったのでどくどくを採用しました。

080.png
ヤドラン@メガ石
ずぶとい、さいせいりょく→シェルアーマー
実数値(メガ前):201-×-176-120-104-50
    (メガ後):201-×-253-150-104-50
努力値:H244 B236 D28
技:ねっとう だいもんじ トリックルーム れいとうビーム

S3と全く同じです。サイクルを回す上で最も重要な枠であり,最後はトリックルームで全抜きの準備をします。引っ込めるだけで回復し,デデピカの苦手な物理に受け出せるため非常に相性が良いです。特にほとんどのバシャーモを受けることができたり(草Zも釣り出しを兼ねてドランかナットに引くことでケア可能),羽で粘ってくるマンダもトリルからの冷ビで処理できるのが素晴らしいです。ゲンガーやガルドなど,相手にいたら出しづらいポケモンがいる場合は仕方なくマンダにすることが多いです。

598.png
ナットレイ@ラムのみ
ゆうかん、てつのとげ
実数値:181-160-152-×-136-22
努力値:H252 A252 B4
技:パワーウィップ はたきおとす ジャイロボール ステルスロック

いつもの。カバ展開やゲンガーの対策としてはかなり良いポケモンではないかと思います。ステルスロックはサイクルを回すパーティだから採用しているだけなので,他のパーティに入れるなら剣舞とかのろいとかでウィップをタネガンにするとかが普通なのかなとも思います。



選出パターンについてはS3の記事に書いているのとほとんど同じなのでそちらを参考にしてください(手抜き
基本はドラン+ナットにマンダかヤドランとなり,デデピカを出す場合はヤドランorマンダ+ドランorナットになることが多いです。



S4感想
とにかく今までで一番苦戦したシーズンだと思います。2000に乗せるのが本当にやっとで20を維持していた時間も今までに比べると短かったです。トップの人たちが苦戦していたことを考えると仕方ないところもあるとは思いますが,それでもずっと2000後半に留まっているのは悔しいのでS5こそはといったところです。そろそろパーティを変えたいとは思っていますが,デデンネとピカチュウがいい感じに活躍できるこの構築が一番であることは絶対に変わらないと思うので,もしかしたらまた型を変えて使うことになるかもしれません。

それと今期の反省点としては対戦を楽しむことができない時期が多かったことです。なかなか勝てなかったのが大きな要因だとは思いますが,せっかく楽しいパーティを使っているので無理せず楽しくやれる程度にやっていきたいなと思います。もしかするとこれが一番難しいのかもしれないですね。


今回はこれで終わりたいと思います。閲覧ありがとうございました!

Twitter:@kumatyans025
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。