FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンSMシングルS6】デデピカ構築2 in SM (最高最終2120)

 みなさんSMシングルレートお疲れ様でした。普段レートでデデピカを使ってるkumaと申します。今期は目標としていた2100を突破し、デデピカ最高レートも更新できたので構築記事として残したいと思います。

2120.jpg


パーティ紹介
702 (1)
デデンネ@イアのみ
おだやか、ほおぶくろ
実数値:172-×-77-101-128-126
努力値:H236 D236 S36
技:どくどく みがわり リサイクル 10まんボルト

基本的にはS4で使用した調整と変わりませんが、粘ってくるレヒレやカグヤを押し切りたかったので、パラボラチャージ(威力65)から10まんボルトに変更しました。カグヤを見る関係で、前は最速カグヤと同速だったのを最速抜き抜きにしました(Dを削りました)。基本的にデデンネができることはこれしかないですが、有利な相手や予め毒を入れて上を取っている相手はうまく嵌めてくれました。
他にはポリクチミミガッサ@2のパーティで、取り巻きにゲッコウガやレボルト等デデンネでそこそこ戦えるポケモンが多かったので、この手のパーティにはよく出してました。アタッカーのポリ2でも受けが利き、定数ダメージを他ポケでクチートに入れておけば身代わりで粘りつつ10万圏内に押し込んだりといった活躍をしてくれました。


025.png
ピカチュウ@しんかのきせき
おだやか、ひらいしん
実数値:142-×-60-70-112-111(王冠使用)
努力値: H252 D252 S4
技:どくどく まもる ねがいごと めざめるパワー地面

輝石型は基本的に毒守る願い事1ウェポンで使ってますが、今回はコケコやジバコイルに最も打点がとれるめざ地を採用しました。コケコのマジシャを3発、ジバコのラスカノを4発くらい耐えてくれるので願い事で受けつつ引き際を見計らって毒を打つのがテンプレです。ただ中盤まではそこそこ出せてましたが19前後に来ると、仮想敵がいても他に対策の薄目なポケモン(リザやレヒレなど)が多くて出せない状態が続いてました。ロトムについても最近はチョッキが減ってZが増えているため受けが厳しい環境になっていると言えます。というわけで最終日付近で↓の個体に変更しました。


ピカチュウ@でんきだま
おっとり、ひらいしん
実数値:119-75-54-107-70-138
努力値:H68 C220 S220
技:ボルテッカー かみなり みがわり めざめるパワー氷

Sを準速レヒレ抜き、CはかみなりでH252レヒレを確1、めざ氷で無振りガブとH252ランドを確1に取れます。残りはDに振ろうかと思っていましたが、もともとコケコのマジシャやC無振りレヒレのムンフォは余裕で耐える上、Hに振ればランドのとんぼ返りの乱数が変わるのでHに振りました。ボルテッカーを持っているのは瞑想レヒレ意識(CSレヒレ確1)です。
コケコランドのサイクルが面倒だったので、どうせ輝石型が出せないならこういう型の方がいいかなと思って採用しました。コケコに関しては電場×ひらいしんC↑かみなりで確1、Cが上がればHDランドもめざ氷で吹き飛ばせます。あと耐久型のデデピカだとグライオンがいる時点で選出をあきらめなければなりませんが、このピカチュウなら選出候補に入れても問題ないので動かしやすいのではないかと考えました。
他の調整としてはSを最速カグヤ抜き抜きまで落としてCSに振った残りをすべてDに回し、C特化レヒレのムンフォ耐えとかも考えてました(D188振りで確定耐え)。ほぼ最終日からの起用だったため使用感は自分でもまだ分かってないので、まだまだ研究の余地はあると思います。


797.png
テッカグヤ@ウイのみ
のんき、ビーストブースト
実数値:204-121-161-128-127-75
努力値: H252 B188 C4 D44 S20
技:ヘビボン どくどく やどりぎ かえんほうしゃ

Hは半分回復実前提の4n調整、BをA特化ミミッキュの剣舞ゴーストZが確定で半分回復実圏内に入るように振りました。SはのんきですがS50族を意識して振り、残りをCとDに振り分けています。
ミミッキュ受けとしてそこそこ信頼できるのと、鋼タイプかつ浮いていて炎打点もあるのは本当に使いやすかったです。毒の枠は中盤まで迷ってましたが、汎用性とリザの後出し際に入れば有利に立ち回れる点から毒に決定しました。リザに毒さえ入ればとりあえずバンギに交換し、火力が上がらなければバンギで処理、剣舞などSが上がらなければバンギ切りからの死に出しゲンガーの祟り目で処理という2つの処理ルートができるのが良かったと思います。あとは単純にポリ2などの耐久ポケモンに刺さるのが強かったです。

ときどき撃ち落とすジメンZランドロスに当たりましたがそれは無理です(



ゲンガー
ゲンガー@メガ石
おくびょう、のろわれボディ→かげふみ
実数値(メガ前):149-×-80-169-95-178
    (メガ後):149-×-100-209-115-200
努力値:H108 C148 S252
技:おにび たたりめ きあいだま ヘドロばくだん

今期は久しぶりにゲンガーを使ってみたいと思っていたのでゲンガーを軸に組んでます。Cはある程度欲しいがCSぶっぱは前に使ったときは耐久が無さ過ぎる印象だったのでこんな振り方になりました(特に調整とかはないです)。きあいだまはもともと身代わりでしたが、あまり使わなかったのとポリ2やドランが重かったのできあいだまを採用しました。ドランに関してはきあいだまを2発当てないと落とせないので、最初の対面は基本的にバンギに引き、カグヤとバンギでサイクルして徐々に削ってきあいだま1発圏内に入れてから勝負に出るという立ち回りを心がけてました。ただゲッコウガについては引けないので、初手対面当てるかどうかの勝負になってしまいます(ヘド爆では砂ダメ圏内に入らないのと最近激流ゲッコウガもいるのが面倒だから)。悪波は1発耐えるので襷なら2ターン目で手裏剣読みバンギバックして砂で倒します。
物理受けはヤドランがいなくてもカグヤだけでなんとかできることが多いので、ゲンガーの選出率はかなり高かったかなと思います。パーティ内では唯一の高い素早さを持っているので出せるときは積極的に出していきたいです。


080.png
ヤドラン@メガ石
ずぶとい、さいせいりょく→シェルアーマー
実数値(メガ前):201-×-166-120-113-50
    (メガ後):201-×-243-150-113-50
努力値:H244 B164 D100
技:ねっとう だいもんじ トリックルーム れいとうビーム

いつものHB個体を臆病C252リザYのソラビ耐えまでDに回しました。理由としてはカグヤと相手の未メガリザが対面した時に安定した引き先となるからです。リザYなら仮にバンギ交代読み(砂の後にひでり発動)ソラビをされてもヤドランが生き残り、その後バンギ交代が安定となります。リザXだった場合は剣舞をされてもヤドランをメガしてトリルし、バンギを死に出ししてイカサマすれば処理が可能です。若干Bは下がりましたがそれでもいつも通りサイクルを回してくれたので本当に頼れる枠です。


248.png
バンギラス@アクZ
しんちょう、すなおこし
実数値:205-154-130-×-158-92
努力値:H236 D188 S84
技:イカサマ おいうち じしん いわなだれ

おいうち枠として慎重バンギラスの調整を探していた時にアクZバンギラス入りの受けルの記事を見つけ、イカサマをZに乗せるという発想に感動し採用してみました。調整元とはかなり変わっていますが、HDはCSメガゲンのきあいだま確定耐え、Sは剣舞ギルガルド意識で厚めに振っています。
いわなだれは岩封より火力が欲しかっただけですが、ほえるの枠を地震にしているのはギルガルド受けをやってもらいたかったからです。じしんならブレードフォルムのガルドを確1にでき、その上キンシに触れないというメリットがあります。そしてキンシをしてきた場合は次のターン居座ればイカサマZで確定1発で処理できます。ちなみにイカサマZはCSテテフを確1にとれるほどの火力があります。
最初はあまりSに振っていなかったのですが、剣舞ガルドに上を取られることが分かり、ガルド対策として入れているのに返り討ちにされるのは良くないと判断し、様々な構築記事を見て最も早かったガルドを抜けるようにSを振りました。その結果非常にガルドに安定してくれたので戦いやすかったです。
対ゲンガーについてはおいうち枠ではありますが、レートが上がってくるとパーティ的においうちはバレやすいので、おいうちではなくイカサマZを打つことが多かったです(きあいだま持ちがそこそこいたというのもあります)。



基本選出

①テッカグヤ+バンギラス+メガ枠

カグヤとバンギは非常に選出率が高く、@1をメガのどっちにするかというのを選出時はよく考えてました。相手にリザがいるとまずこの2パターンの選出に絞られます(圧倒的にこれが多いです)。ゲンガーを出す場合はゲンガー初手、ヤドランを出す場合はカグヤ初手が多かったです。あとは相手にカバがいた場合はできればカグヤを初手に出してやどりぎのタネを播き、あくびループで削れないようにしたいです。それとバシャがいた場合はヤドランほぼ絶対選出でした。


②ゲンガー+テッカグヤ+デデンネ

個別紹介でも触れたように、ポリクチミミガッサで主に選出されるパターンです。取り巻きによってはデデンネがバンギになることもありますが、出した時はよく活躍してくれてたと思います。


③テッカグヤ+ヤドラン+デデンネorピカチュウ

バシャ+ミミッキュ+電気タイプとかのパーティにはこんな感じの選出になりました。主にレボルトが多かったのでデデンネの選出が多かったかなと思いますが、Sの高いポケモンがいないのでレボルトに押し切られて負けることが多々あり選出パターンとしては弱い部類に入ります。

ピカチュウについては個別紹介でも述べたようにアタッカーはまだ試運転が十分にできていないので、コケコランドなどにどれほど戦えるか、またどんな選出が良いかなど、これからの課題にしていこうと思っています。



終わりに
シーズン2からデデピカを再び使い始め、それから3シーズン2000には乗ったものの2000後半で踏み留まってしまって挙句の果てには前期は2000に乗れないという低迷ぶりでしたが、今回ついに2100の突破とORASの最高レートの更新ができてようやく報われたという感じです。このパーティを作った時、そこそこ良さそうな感じはしていましたが、回りの人にも「すごくいい並びに見える」と言われてかなり自信を持てたのが大きかったかなと思います。ORAS、SMとデデピカ21を達成できたので、USMでもデデピカ21、そしてデデピカ最高レート更新を目標に頑張りたいと思います。

それではこれくらいで終わりにしたいと思います。閲覧ありがとうございました。


デデピカ動画:http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/37415246
Twitter:@kumatyans025
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。