FC2ブログ

記事一覧

【ポケモンUSUMシングルS11】デデピカ構築2 in USM (最高2144最終2126/20位)

 みなさんシーズン11お疲れ様です、kumaです。今期も2100になんとか乗せることができたので記事にしておきます。

2144.jpg

最終20位



パーティ紹介
702 (1)
デデンネ@イアのみ
おだやか、ほおぶくろ
実数値:172-×-77-101-128-126
努力値:H236 D236 S36
技:どくどく みがわり リサイクル 10まんボルト

いつもの調整なので軽く説明すると、HP4n、S最速カグヤ抜き抜きのHDベースです。SではなくあえてDにほぼ特化しているのはSを上げても最速霊獣ボルトロスと同速にしかならず安定しないのと、ロトムに関しては大抵抜けるのとHDにすることでZを耐えるのが主な理由になります。相手にこいつがいたら出したくなるポケモン第1位はヒートロトム、続いて霊獣ボルトロスになりますが、霊獣ボルトについてはデデンネ対策(違う)の挑発や毒技を持ったものもいるのでパーティ的に出しづらいときは無理して選出はしませんでした。

どくどくからのリサイクルによる回復と、クセの強い高級オボンの圏内に調整しやすくなるみがわりによって上を取れれば毒の入った相手を容易に嵌めることができます。ヒートロトムについてはオバヒを打たなければ基本みがわりが割れないので、うまくいけば相手の裏にも負担をかけることができます。


025.png
ピカチュウ@でんきだま
おっとり、ひらいしん
実数値:110-75-54-110-88-127
努力値: C236 D140 S132 
技:10まんボルト みがわり きあいパンチ めざめるパワー氷

対サンダー用(出せるかはPT次第)に育成したピカチュウです。最終日まではせっかち実数値C101 S138の準速レヒレ抜き個体を採用していましたが、そもそもレヒレ入りに出したことがほとんどなかったので火力に回しました。

10万でHBサンダーが確定2発であり、きあいパンチを採用することによって裏によくいるドリュウズへの交換読みみがわり→きあいパンチでASドリュウズを確定1発、H振りで高乱数1発をとることができます。Dに努力値を割いているのはサンダー対面みがわりからドリュウズを処理した後を想定し、3/4のHPで無振りサンダーのねっぷうを耐えるようにすることで確定2発となる10万をしっかり2発打っていけるからです。サンダーの電気技を吸うには後述のヒードランをサンダーと対面させることで電気技しか打たせないようにできるのでベストです。

他にも受けループに近い構築には後述のナットドラン@1だと@1は他のポケモンより活躍することが多かったので、終盤はよく出してました。グライドヒドムドーのうちの2匹が選出されることが多く、グライオンも遅いものが多いので刺さりは悪くなかったです。ただ、ラッキーやカビゴンなどのノーマルタイプについてはみがわりきあいパンチを打てなければならないこととA無振りなことによりどちらも6割程度しか入らないのが回しにくかったです。もともとの役割を考えるとAにがっつり振る余裕がないのは仕方ないとは思いますが。。

この型自体は前期から考えてはいましたが、今期は選出回数も普段よりかなり多く、よく頑張ってくれました。やはりA無振りでありながら1撃でドリュウズを倒せる技を持っているというのが、調整や立ち回りを考える上でも使いやすかったのではないかと思います。


373.png

ボーマンダ@メガ石
むじゃき、いかく→スカイスキン
実数値(メガ前):189-155-100-150-90-160
    (メガ後):189-165-150-160-99-182
努力値: H148 C156 S204
技:ハイパーボイス じしん はねやすめ りゅうせいぐん

前期までずっと同じ両刀マンダを使っていましたが、今期は型読み行動(じしん非搭載等)が多かったイメージだったので、中盤からいろんなマンダを使ってみてこうなりました。少なくとも地面が重いので、HBのカバやランドをどちらも超高乱数2発にできるハイパーボイスは確定で、型読み対策だけでなくハイボ持ちで地震はそもそも珍しいので一石二鳥と判断し採用しました。残りは終盤まで毒羽を使っていましたが、マンダやリザXをワンパンできる技が欲しくなり流星を採用。Hに振っているのは毒羽個体の流用で、FCロトムの特化めざ氷確定耐えのためですが、羽休めを持たせていることもあり耐久が上がったことによるメリットは実戦でも多かったので、これで良いかなと思いました。

相変わらずSは最速ジャローダ抜きですが、今期は竜舞マンダでもやたら最速が多かったように思い、実際数多くのマンダに上から恩返しや八つ当たりを打たれました。もともとは舞っていないマンダを上から縛っている前提の立ち回りをしていたので、難しくなった印象でした。

地震の枠は炎技にすればA下降にしてD耐久を上げられるのでそれも良いと思います。どちらにしろ僕のPTではグロスに有効打が欲しいのですが、前期のマリルリから後述のドヒドイデに変えたことで相手のドランへの対処が少し難しくなったのが主な理由です。調整を参考にされる場合は自分のPTに合わせて最適な技構成を考えることをお勧めします。


485.png
ヒードラン@ふうせん
ひかえめ、もらいび
実数値:167-×-127-200-128-127
努力値:H4 B4 C252 D12 S236
技:かえんほうしゃ ちょうはつ だいちのちから めざめるパワー氷

前期と同じアタッカーの風船ドランです。今期も相手のドランへの後出しや地面技しか有効打のない相手へのストッパー役として頑張ってくれました。ただ今期は型読み行動なのか分かりませんが、ナットと相手のマンダが対面した時、初手飛行技を選択されることが多く、ドランに下げると風船が割れてじしんの所持の有無で怯える立ち回りになってしまうことが多かったです。というわけで1サイクル目はドランではなくマンダを後出しすることでケアしていました。型バレは自業自得なので別に良いですが、今後使うなら対策を考えるべきだと思いました。そういうこともあり、このPT以外でこのナットドランを使うともっと強いんじゃないかと思ってます。

めざ氷はHBランドを高乱数1発にできるくらいの火力です。風船のエフェクトにより、同時に繰り出した際はランドの威嚇とS判定できる上、ダメージ感覚に慣れれば後出ししてきたランドへの放射のダメージの入り方などで遅いかどうかすぐ分かるので、速いドランは個人的には使いやすい印象です。



748.png
ドヒドイデ@コオリZ
ずぶとい、さいせいりょく
実数値:157-×-224-73-163-55
努力値:H252 B252 D4
技:ねっとう どくどく くろいきり じこさいせい

前期のマリルリの枠になります。とりあえずバシャーモに強い枠から探して採用しました。物理受けにしたかったのはありますが特に調整を行うつもりもなかったのでHB特化にしています。

今までの僕のPTは高火力のサイクルだったので、完全に受けであるこのポケモンはその点使いにくいところはありましたが、黒い霧による積み技への対策や高耐久ゆえの無理やりな再生突っ張りもできるのでおもしろかったです。技構成に関して言えばどくどくの枠になりますが、どくびしで毒になる沈んだポケモンよりもボルト等の浮いたポケモンの方が苦手なのでどくどくを優先しました。後出し際に毒を入れればその後デデンネがみがわりから入れたりマンダの羽で粘れたりと、PTの相性的にも良かったと思います。

当初はナットと絡ませてグロスへの対処にもなると思っていたのですが、今期は思念アムハンが増えていたため前期と同じく削ってマンダの圏内に入れるというのが主な立ち回りになってしまいました。


598.png
ナットレイ@フィラのみ
ゆうかん、てつのトゲ
実数値:180-158-154-×-137-22
努力値:H244 A236 B20 D4 (4余り)
技:ジャイロボール のろい やどりぎのタネ タネマシンガン

前期と同じです。単純に火力に振ったナットは本当に火力が高く、実際にゲンガーが苦手なのでCSゲンガーをワンパンするためのHAベースとなっていますが、今期もかなり多かったオニゴーリのみがわりをタネガン2発で基本的に壊せるなど、HAの強みは十分に発揮されました。マンダに対して鈍いで粘る際も、HBに比べ耐久こそ下がりますが、PP枯らしを許さない火力を持っているので安定してました。


型紹介は以上です。前期と同じポケモンが多いこともあり、立ち回りもよく似ています。気になる方は是非前期の記事も参考にしてみてください。



S11感想
今回の構築を組むにあたって、前期のナットドランの使用感が非常によかったため今回も採用しましたが、同時に型バレにも向き合っていかなければならないことが課題となっていました。結局ナットドランは型を変えるよりもこのまま使った方が強いという結論に至り、中盤ではマンダの型で迷走していましたが、なんとか纏まってよかったです。

前期と比べて途中までは思ったようにレートが伸びないことも若干多めでしたが、一番の相棒であるピカチュウが比較的かなり活躍してくれました。2000に乗ってからなかなか流れをつかめず19から落ちそうなところまで来たこともありましたが、そういうこともあり意地でも21に乗せたいという気持ちは非常に強く、ここまで諦めずに頑張れたのかなと思います。

2期連続の2100達成ということで非常に嬉しいですが、その分来期からのハードルも高く感じてます。なんとか結果を残し続けられるよう頑張りたいと思います。対戦してくださった方々、ありがとうございました。


以上で終わります。閲覧ありがとうございました。

Twitter:@kumatyans025
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント